食べる順番ダイエット方法~太らない食べ順。血糖値が上がらない。インシュリンと脂肪分

食べる順番ダイエット方法


▼人間は、食事を「食べる順番」によって、太りやすくもなり、太りにくくもなります。

これは、食べる順番によって血糖値の上がりやすさが違うからですね。

「血糖値が急激に上がる食べ方」 = 太る

と言うことです。



▼では、どのような順番で食べれば太りにくいのか?

これは簡単に言えば、「炭水化物を最後に食べる」

ということです。

白米2



▼食品にはそれぞれ「グリセミック・インデックス」というものが決まっています。

通称「GI値」ですね。

グリセミックインデックスとは、血糖値のわかりやすさを数字にしたものですね。



▼この、「グリセミックインデックスが低いものから食べる」

ことによって、太りにくい食べ順になるわけです。


逆に、グリセミックインデックスが高いものを先に食べると、太りやすくなるというわけですね。



▼では、グリセミックインデックスが高く、太りやすい食品とは何でしょうか?


・白いご飯

・パン

・じゃがいも

・うどん

・にんじん

・甘いお菓子



▼この様な感じですね。

お腹が空いている時に、上記の食品を食べてしまうと、太りやすいと言う目安ですね。


「炭水化物を最後に食べると太りにくい」というのも、白いご飯は、グリセミックインデックスが高いので、お腹が空いているときに食べると、 血糖値が急上昇するからですね。



▼逆に、グリセミックインデックスが低い食べ物は、葉っぱの野菜や、お肉・お魚などです。

ですから、食事というのは、まずサラダから入って、お肉やお魚を食べ、炭水化物を食べて、最後にデザートで締める。

このような順番が太りにくい食べ順といえます。


レストランのコース料理などは、だいたいこのような順番になっていますね。



▼ですから、お腹が空いている時に、甘いデザートやお菓子をいきなり食べてしまうと、めっちゃ太るわけですね。

なぜなら、「血糖値が急上昇するから」


血糖値が急上昇すると、その血糖値を下げるために「インシュリン」が大量に分泌されます。

このインシュリンが脂肪を作り出してしまう。だから太るわけです。



▼その辺の仕組みは、ややこしいので覚えなくてもよいかと思いますが、とにかく

「血糖値が急上昇すると脂肪が増加して太る」

ということだけ覚えておいてください。



▼「食べる順番」というのは、「血糖値を上げないための食事の順番」です。


同じカロリーを摂取しても、食べる順番によって、太りやすい食べ順と、太りにくい食べ順があるということですね。

これを意識するだけで、同じものを食べても太りにくくなるわけですから、知っておいた方が絶対に得ですね。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ