早寝早起きをすると痩せる?睡眠のゴールデンタイムとダイエット。寝不足は太る。睡眠不足デブ

早寝早起きをすると痩せる?


▼ダイエットにまつわる迷信か真実か?わかりませんが、

「早寝早起きをすると痩せる」と言う理論があります。


この根拠は「人間は22時~2時の間に寝ると、成長ホルモンがたくさん分泌されるので、痩せやすい」

ということですね。

居眠り



▼「睡眠のゴールデンタイム」と言われるのが、22時~2時です。

この時間に寝ると、美容と健康に良いとされています。

では、この時間に寝なければ美容と健康に悪いのか?



▼これについては私は懐疑的です。

私自身は、早寝早起きがあまり体質に合わず、どちらかというと早寝早起きした方が、太りやすくなります。


ただ、睡眠のゴールデンタイムの存在を否定しているわけではなく、多くの人は「22時~2時」に寝る方が、痩せやすいような気がします。



▼それよりも、私が大事だと思うのは「睡眠時間を確保すること」です。

極端な話をすれば、22時~2時に寝たとしても、この4時間しか寝ていなければ、確実に太るわけです。


睡眠時間が短くなれば、交感神経が刺激されて、男性ホルモンが増えてしまうからですね。



▼寝不足状態になると、私も、食欲が暴走します。

休日などに、 9時間ぐらい寝ると、その日はあまり食欲がありません。

体が休息モードに入っているからですね。副交感神経優位の状態です。



▼逆に、睡眠時間が4時間とか5時間だと、猛烈に食欲が湧きます。

そして食べても食べても、まだ食べたい。そんな気持ちになってしまいます。


これが寝不足の怖いところですね。

寝不足すると確実に太ります。自律神経が乱れてしまうからですね。



▼ということで、理想を言えば

「早寝早起きをしつつ、たっぷり睡眠をとる」

というのが理想でしょう。


しかし、私のように「早く寝たいけど眠れない」と言うタイプもいるわけです。

このようなタイプの人が、無理矢理に、夜の9時とかに寝ようとしても、全く寝ることができず、逆にイライラしてストレスが溜まってしまいます。



▼ストレスがたまれば、これも交感神経優位につながり、食欲が暴走してしまうわけです。

ですから、「睡眠のゴールデンタイム」や「早寝早起き」は、統計的には、多くの人に効果的だと思いますが、すべての人にダイエット効果があるわけではないということです。



▼人それぞれ、ベストな睡眠時間があると思います。

それが「22時~2時」の人もいれば、「3時~7時」の人もいるわけです。

まずは自分が、「何時に寝ればすっきりするのか?」これを知ることが重要ですね。



▼ただほとんどの人は、お仕事の都合により、睡眠時間を自分で選べないと思いますので、まず1番大切な事は、

「なるべく長く眠る」

ということになります。


寝不足だけは避けるようにしましょう。

寝不足は、食欲が暴走してしまいますから。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ