短期間で痩せるダイエット方法は危険~リバウンドしやすい。逆効果。痩せにくくなる

短期間で痩せるダイエット方法は危険


▼「短期間で痩せるダイエット方法を教えてください」

というご質問をいただいたので、本日は、短期間でやせるダイエットについて書いてみたいと思います。

うさぎとかめ2



▼「短期間ダイエット」というのは、本当にニーズがあります。

多くの人は、「短期間で痩せたい!」と思っているわけです。


そして、多くの人はダイエットに失敗します。

これは偶然でしょうか?



▼私の経験上から言っても、「短期間で痩せるダイエット方法は失敗しやすい」

と思います。


なぜかというと、短期間で痩せようとするダイエット手法は、

「極めてリバウンドしやすいから」です。



▼リバウンドというのは、ご存知、「ダイエットに失敗して、以前よりもむしろ太ってしまうこと」です。

そして、リバウンドは恐ろしいもので、「以前よりも痩せにくい体質になってしまう」のです。


なぜかというと、中途半端にダイエットすると、まず「筋肉」が落ちてしまいます。

この段階でダイエットやめると、リバウンドした後の「筋肉量」は、以前よりも少ないということになります。



▼筋肉量が減少すると、「基礎代謝」が下がるわけですね。

基礎代謝はダイエットの命。

基礎代謝が下がれば、それはすなわち「太りやすくなった」ということなのです。



▼私は「ダイエットは怖いから独学で適当にやるべきではない」と、考えています。

それは、リバウンドすることによって、どんどん痩せにくい体質になってしまうからです。


ダイエットは、失敗すればするほど、どんどん難しくなっていってしまうわけです。



▼私が「短期間でやせるダイエット手法」を、お勧めしないのは、失敗してリバウンドを繰り返すほどに、どんどん痩せにくい体質になってしまうからです。


代表的なものが、「~~だけダイエット」です。

「りんごダイエット」とか、「バナナダイエット」と言うやつですね。



▼このような「置き換えダイエット」は、炭水化物の摂取量が減少するので、比較的短期間で体重が落ちやすいです。


だからダイエット効果が高いという噂にもなりやすいんですが、ほとんどの人がこのような置き換えダイエットは、失敗してしまいます。



▼それは、「体重の減少が途中でストップしてしまうから」です。

つまり「ダイエット停滞期」ですね。


この停滞期で、多くの人はダイエットのモチベーションを失い、途中で諦めてリバウンドするわけです。



▼また「断食系ダイエット」が失敗しやすいのも、同じ理由ですね。

断食ダイエットは、短期間で一気に体重が落ちます。

しかし、その後、停滞期に突入し、全く体重は落ちなくなります。


そこで多くの人は心が折れて、ダイエットを諦め、リバウンドするわけです。



▼このようなダイエットの失敗を繰り返していると、どんどん筋肉量が減少し、基礎代謝が下がってしまうわけですね。


ですから、「短期間で痩せよう!」というのは、あまりお勧めしません。


「ダイエットとは基礎代謝を上げることである」

基礎代謝を上げるには、睡眠時間を長くしたり、ダイエットサプリを使ったり、筋肉量を増やしたりといった、日々の地道な習慣が必要なわけです。



▼このように書くと「そんなめんどくさいことやってられない」と言われてしまうのですが、人生は、急がば回れ。

結局は、「睡眠を長く」「ダイエットサプリ」「筋トレ」


このような基本的なダイエット習慣を身につけた人は、痩せやすい体質になり、その後、食べても太らなくなっていくわけですね。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ