イライラすると太る~ストレスと肥満の関係。腹が立つとダイエットに失敗する?食欲増加。満腹中枢

イライラすると太る


▼「イライラするとたくさん食べてしまいます。なぜでしょうか?」

というご質問をいただいたので、本日は、ストレスとダイエットについて書いてみたいと思います。

怒る



▼まず、イライラすると太ります。

これは誰でも経験があるかと思いますが、イライラすると食べ過ぎてしまうからですね。


人間はイライラする、つまりストレスがかかると、自律神経が交感神経優位の状態になります。

この状態が続くと、自律神経のバランスが悪いため、脳は何とかして自律神経のバランスを取ろうとします。


そこで「食べる」という行為に出るわけです。



▼人間は食べると、自律神経が、副交感神経優位な状態になります。

「食べると落ち着く」「食べるとほっとする」

という状態ですね。


つまり、イライラから逃れるために食べるわけです。



▼また、イライラして交感神経優位になっている状態の時は、「満腹中枢」が正しく機能しません。

つまり、イライラした状態だと、「おなかいっぱいなのに食べてしまう」

だからいつもイライラしている人は太りやすいわけです。



▼このように、ストレスを食べることによって解消する習慣がついてしまうと、


「イライラ ⇒ 食べる」

と言う流れが、条件反射的にできてしまいます。


イライラすると、すぐに食べてしまうようになるわけです。



▼ダイエットをスムーズに進めるためには、この状態は何としても避けなければなりません。


人間は生きている限り、ストレスとは離れられない存在であり、ストレスを受けるたびに食べているようでは、確実に太ってしまうからです。



▼ですから、イライラした時に食べてしまう人は、

「イライラを食べることで解消する習慣を止める」

ということが非常に重要になります。


ここをクリアしないと、ダイエットに成功できないからです。



▼人間は食べること以外にも、自律神経を正常に戻すことができます。

例えば「眠る」


たくさん眠ることによって、自律神経はイライラした交感神経優位な状態から、ゆったりとした副交感神経優位の状態に戻ります。



▼ですから、イライラした時に、ついつい食べてしまう人は、食べるのは我慢して、さっさと寝てしまう、という習慣に置き換える事は、ダイエットに効果的です。


あるいは、「タバコ」

タバコは、健康的には褒められたものではないかもしれませんが、もともとは医療にも使われているものであり、吸いすぎなければ特に問題は無いわけです。



イライラを食べることによって消そうとするよりは、タバコを吸ってストレスを解消できるなら、多分その方が健康には良いかと思います。


食べ過ぎはかなり体に負担がかかるからですね。

食べ過ぎは、タバコより体に悪いということです。本当ですよ。



▼ということで、ストレスと食べ過ぎについて書いてみました。

本当にストレスがかかると、人間は食べ過ぎてしまいます。


これに寝不足が加わると、もう最悪です。


寝不足&イライラは、食欲が暴走して、めちゃくちゃ食べてしまいます。

この状態だけは避けるように、しっかり眠って、自分なりのストレス解消方法を探すことが大切ですね。
(食べること以外で)

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ