寝不足で太る。食欲を無くす方法。睡眠時間が短いと食欲が増える。止まらない。止め方

寝不足は太る?食欲を無くす方法


▼いきなり結論を書きますが、「寝不足の人は太る」といえます。

私が、ダイエットしたい人にアドバイスをする場合、まず1番最初に言う事は「睡眠時間を長くしてください」と言うことです。

睡眠時間を長くすればするほど、ダイエットはしやすくなります。それはなぜか?

睡眠不足



▼ダイエットといえば、多くの人が「運動する」とか「食べるのを我慢する」といった修行僧のようなイメージなんですが、実はダイエットというのはそんな必死にならなくても余裕でできるわけです。


余裕と言ってしまうと語弊がありますが、ダイエットは歯を食いしばってやるものではありません。

むしろ気合と根性でダイエットしようとしてしまうと、あまりにも精神的なストレスがかかりすぎて、高確率で失敗します。

私自身がそれで何度も失敗してきているので間違いないです。



▼さて、睡眠とダイエットの関係ですが、人間は最適な睡眠量の時に、最適な食欲となります。

睡眠時間が長いと食欲が減少する。睡眠時間が短いと食欲が増加する。というわけです。


これは、かなり極端に書いているし、私自身の経験からのデータなのですが、ほぼ正解に近いと思います。



▼人間は睡眠時間を減らしていくと、「交感神経優位」の状態になります。交感神経が優位になると男性ホルモンが増加します。

男性ホルモンが増加すると、食欲が増加します。


細かい話をすると、もうちょっといろいろあるのですが、ざっくりと書けばこのような感じですね。



▼要するに、「寝不足だとたくさん食べたくなる」ということです。

逆に、「たくさん寝るとあまり食べたくない」と言う感じですね。


実際に睡眠時間を私は毎日、紙に書いてチェックしています。

睡眠時間に対して、その日は何をどれくらい食べたのか?というのをすべて紙に書いています。


これを振り返ってみても、寝不足の時というのは確実に食欲がアップしてしまうわけですね。たくさん食べたくなります。



▼逆に、休みの日など、10時間くらい寝てしまうと、あまり何も食べたくなくなります。

これはたくさん睡眠をとると「副交感神経優位」の状態になり、食欲が抑制されるためと思われます。

データの裏付けをとっていませんが、私の体験では高確率でそうなります。



▼ですから、ダイエットを進めていく場合は、運動とか食べるのを我慢するとか、そんな修行僧のような事をする前に、

「長い時間寝る」

という事をまず意識してみてください。

その上で、効果的なダイエットサプリなどを併用していくと、基礎代謝が上がり、非常に痩せやすくなるわけです。


ダイエットは気合や根性でやるものではなく、「基礎代謝」と「ホルモンバランス」を調整することによって、スムーズに進めることができるというわけです。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ