食べてしまう原因~痩せたいのに食欲が止まらない。ダイエットのコツ。食べない方法

ついつい食べてしまう原因


▼「ダイエットしようと心がけても、つい食べてしまいます」

というお悩みをいただいたので、本日は、食べてしまう原因について書いてみたいと思います。

早食い



▼私が思うに、食欲というのは、個人差があると思います。

つまり

「食欲がめっちゃ旺盛な人」

「それほど食欲がない人」


が、いるわけです。

これは一見、当たり前に見えますが、実はここにダイエットのコツがあります。



▼太っている人は、多くの場合、食欲が旺盛です

痩せている人は多くの場合、それほど食欲がない。


これは何故か?



▼原因は色々ありますが、改善できる範囲内で言うと、食欲というのは


・睡眠時間

・ストレスの強弱


この2つの要素が大きいと、私は考えます。



▼私自身、睡眠時間の長さによって、翌日の食欲が大きく違ってきます。

それはつまり

「寝不足だとめっちゃ食欲爆発」

ということです。



▼睡眠不足になると、人間は「交感神経優位」の自律神経状態になります。

交感神経が優位になると、食欲が旺盛になります。


交感神経優位の状態を、副交感神経優位な状態に戻すために、食べることによって、自律神経をコントロールしようとするからです。



▼また交感神経優位の状態は、「満腹中枢」が正常に働かない状態でもあります。

つまり寝不足だと「満腹かどうかわからない」ということになってしまうわけです。



▼だから、もし自分が「ついつい食べてしまう」と言うときには

「寝不足ではないか?」

を振り返ってみてください。


食べ過ぎてしまう人は、多くの場合、睡眠時間が短めの傾向にあります。



▼次に、食べ過ぎてしまう原因その2

「ストレスの蓄積」です。


これは比較的、有名な話ですが、

「強いストレスが日常的にかかる人は、めっちゃ食欲旺盛」



▼これは、強いストレスがかかることによって、寝不足の時と同じように「交感神経優位な状態」になるからです。

交感神経が優位な状態から、副交感神経優位の状態に戻すために、食べる。


これは寝不足の時に解説したのと同じシステムです。



▼ですから、「ダイエットしたいのに、何故かついつい食べてしまう」

という人は、「寝不足」と「ストレス」をチェックしてみてください。


私自身も、寝不足とストレスは、翌日の食欲にかなり大きな影響を与えると考えています。



▼「今日は寝不足だなぁ」という日は、いつもよりもたくさん食べてしまいます。

そこら辺にお菓子が置いてあったら、ついつい食べてしまいます。


それに対して「しっかり眠った日」というのは、そこら辺に食べ物があっても、自制することができます。



▼多少の個人差はありますが、今日書いた内容は、比較的多くの人に当てはまる内容なので、
ついつい食べ過ぎてしまう人は、本日の記事を参考に、ご自身の生活を振り返ってみてください。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ