太らない調理法は?茹でる・蒸す・煮る。揚げる・炒めるは太る。油を使わない。油を落とす

太らない調理法は?


▼「太りにくい調理法はありますか?」

というご質問をいただいたので、本日は、太らない調理法について書いてみたいと思います。

料理



▼私が自分の経験上で、1番太りにくかった調理法は「茹でる」ですね。

イメージ的にも、太りにくいイメージがあるかと思います。


ほうれん草のおひたしや、茹でキャベツなどは、よく食べますが、全然太りません。



▼すき焼きと、しゃぶしゃぶでは、体重の増加の仕方が全然違うように思います。

すき焼きは、卵を使うというのもありますが、茹でるタイプのしゃぶしゃぶは、脂肪分が少なく、ダイエットにはオススメの料理です。



▼ついでに言うと、しゃぶしゃぶを食べる場合でも、牛肉ではなく、豚肉にするとかなり太りにくくなります。

豚肉のしゃぶしゃぶというのは、あまり聞かないかもしれませんが、慣れると牛肉よりヘルシーでおいしいです。

豚しゃぶは、サラダなどにも使われますね。



▼ということで、太りにくい調理法としては「茹でる」が1番のオススメとなります。

次が「蒸す」ですね。


お肉やお魚の油というのは、茹でる・蒸すことによって、油分を落とすことができます。

脂肪分は肥満に直結しますので、茹でる・蒸すと言う調理法を用いることによって、同じ食材を食べても太りにくくなるというわけです



▼「焼く」は、微妙なところです。

茹でたり蒸したりするよりも、どうしても摂取する脂肪分が多くなってしまうからです。


「焼く」場合は、網焼きなど、油を下に落とせる様に焼くと、太りにくくなりますね。



▼では逆に、太りやすい調理方法は?

はい。揚げる・炒める。ですね。


イメージ的にも太りやすそうですよね。

これはやはり「油の摂取量」が多くなるからです。



▼太りにくい調理法というのは、まとめてしまえば


1 素材の脂肪分を落とすこと

2 調理の段階で油を追加しないこと


この2点がポイントになります。



▼ですので、「茹でる」というのは、太りにくい調理方法ですが、脂肪分満載の豚バラなどを茹でて料理すると、素材の脂肪分が多いため、ダイエットには向かない料理になることがあります。


ですから「素材」と「調理法」

この両方を意識することが、太らない料理のためには重要ですね。



▼最後に太らない食べ方として、

「何を食べるにしても、食べる量を少なくする」


なんと言ってもこれが最大のダイエットのポイントになります。



▼当たり前の話ですが、結局、和食などのヘルシーな食べ物を食べたとしても、ガッツリと食べてしまえば太ります。

すき焼きを食べたとしても、少量なら太りません。


ですから、太らない調理法と合わせて、よく噛んでゆっくり食べるなど、食べる量を少し減らす工夫も重ねていけば、ダイエットはスムーズに進んでいくでしょう。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ