なぜ食べてすぐ寝ると太るのか?本当か嘘か。食後すぐ寝る。食べたあと寝る。太りやすいか

食べてすぐ寝ると太るのか?


▼「私は仕事の都合で、食べてから寝るまでの時間が短いのですが、食べてすぐ寝ると太りますか?」

というご質問をいただいたので、本日は、食べてすぐ寝ると太るか?について書いてみたいと思います。

寝る2



▼一般的には、食べてすぐ寝ると、太ると信じられています。

しかし、私の感覚で言えば、食べてすぐ寝ても太りません。


食べてすぐ寝ると、体には悪いけど、太りはしない。

これが私の経験から言えることです。



▼太る原因というのは、要するに


「1週間の総カロリーが多すぎる」

「基礎代謝が低い」


この2つです。

かなりシンプルに書いたので、反論もあるかと思いますが、私のダイエット経験から言えば、この2つさえ押さえてしまえば、高確率でダイエットを成功させることが可能です。



▼そういう意味では、食べる時間は特に何時でもよく、食べてすぐ寝ても太りはしないということになります。


ただし上述したように、食べてすぐ寝ると、「体に悪い」です。

「食べて少し横になる」のはOKです。


でも「食べてすぐ熟睡してしまう」のはNGです。

食べてすぐに熟睡してしまうと、消化器官の働きが鈍くなるため、消化の時間が長くなり、その分内臓に負担がかかってしまうからです。



▼ですから、食べた後はゆったりとした姿勢で、静かに座っているのがベストですね。

食べてすぐ眠ってしまうのは健康的には良くないです。


ただ、本日のテーマで言えば、

「食べてすぐ眠っても太らない」

といえます。


食べてすぐ眠る事は、摂取カロリー量に影響しないからです。



▼簡単に言えば、「少食を守ることができていれば、食べてすぐ寝ても太りようがない」ということです。


逆に、食べすぎてしまえば、朝ごはんだろうが、昼ご飯だろうが、問答無用で太るということです。

この辺をしっかり理解していないと、ダイエットに失敗します。



▼一般的な概念としては、「夜食べると太る」とか、「朝食べても太らない」という認識が強いですね。

だから、朝ごはんや、昼ご飯にガッツリ食べて、夜ご飯を少なめにしている人もいますが、このやり方であっても

「総カロリー」

が、オーバーしていたら、朝ごはんでも思いっきり太ってしまいます。



▼ということで、本日は「食べてすぐ寝ると太るか?」ということについて書いてみました。


食べてすぐ寝ても太りません。

ただ内臓に負担がかかるので、すぐ寝るなら、なるべく消化の良いものを食べた方が良いと思います。


あるいは、しっかりと咀嚼する。つまり、よく噛んで食べるということですね。


消化の良いものをよく噛んで食べれば、すぐ眠っても、太る事はないし、胃腸にも負担がかかりませんね。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ