寝るだけダイエットの効果~方法とやり方。睡眠時間が短いと太る。眠るだけダイエット違い

寝るだけダイエットの効果


▼「寝るだけダイエットは痩せますか?」

というご質問をいただいたので、本日は、寝るだけダイエットについて書いてみたいと思います。

寝る3



▼まず最初に、「寝るだけダイエット」と「眠るだけダイエット」は違います。

寝るだけダイエットというのは、横になった姿勢でエクササイズをすることによって、ダイエットするというやり方です。


一方、「眠るだけダイエット」というのは、睡眠時間を長めにすることによって、ダイエットさせようというやり方です。



▼私はどちらも実験しましたが、自分の経験上で、ダイエット効果が高かったのは

「眠るだけダイエット」

です。



▼眠るだけダイエットは、非常にシンプルで、まさに「眠るだけ」

ただそれだけでダイエットできます。


このように書くと、嘘くさく感じますが、「長く眠る事」は、ダイエットで1番重要な要素といえます。



▼睡眠時間が短い人ほど太っている、というデータもあります。

逆に言えば、「睡眠時間が長い人ほど痩せている」ということもできます。


あくまでも極論ですが、とにかく、ダイエットしたいなら睡眠時間は長いに越した事は無いということです。



▼睡眠時間の長さとしては、「7時間以上」

個人差はありますが、基本的に7時間睡眠というのが、人間にとって標準的な睡眠時間かと思います。


これより短い睡眠時間でも大丈夫な人もいますが、睡眠時間が短い人は、どうしても食欲が暴走しやすく、太りやすくなってしまいます。



▼また、起きているだけで、そこら辺にあるものを食べたくなるので、そういう人は特に、眠る時間を長くすることによって、摂取カロリー量を減少させることができます。



▼睡眠時間が短いと、交感神経が優位になり、男性ホルモンが増加します。

その結果、食欲が旺盛になるわけです。


また寝不足状態だと、満腹中枢の働きがおかしくなり、ついつい食べ過ぎてしまうということになります。



▼逆に睡眠時間が長いと、副交感神経が優位になり、女性ホルモンが増加します。

副交感神経優位の状態は、食欲が抑制されるので、あまり食べたいと思いません。


たまに、ガッツリと眠ると、起きた時にだるい感じがして、あまり食欲も湧かないことがありませんか?

寝すぎるとだるくなりますが、「少し長めの睡眠」にすることによって、食欲をコントロールすることができるわけです。



▼睡眠時間が短いと、食欲が旺盛なので、それを根性で押さえることは至難の業です。

しかし、睡眠時間を長くすることによって、食欲そのものを抑制できれば、気合や根性がなくても、食べる量をスムーズに減らすことができるわけですね。


まさに、眠るだけダイエット。

睡眠時間を長くすることによって、基礎代謝も上がり、痩せやすい体質に変わっていきます。

ダイエットサプリも併用すれば、ダイエット効果はさらに高くなるということですね。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ