運動は食前と食後どっちが痩せる?空腹時と満腹時のダイエット効果。血糖値とインスリン

運動は食前と食後どっちが痩せる?


▼「ご飯を食べる前と食べた後、運動するならどっちが痩せますか?」

というご質問をいただいたので、本日は、食事と運動について書いてみたいと思います。

スポーツジム



▼結論から言えば、

「食前に連動した方が痩せやすい」

と考えます。

これは「血糖値」の問題です。



▼血糖値が高い時に運動しても痩せない。血糖値が低い時に運動すれば痩せる。

ということですね。


運動中は、炭水化物と脂肪が消費されます。

この時、体内で炭水化物が不足している状態だと、脂肪が燃焼されるわけです。


ダイエットというのは脂肪を燃焼させる作業ですから、「体内に炭水化物がない状態で運動する」のが、痩せるためには効率的であるといえます。



▼簡単に言えば

「お腹が空いている時の運動は、脂肪が燃焼して痩せやすい」

ということですね。


「食後の運動」などという言葉もありますが、あまり食後に運動しない方が良いと、私は考えています。

食後の運動は、消化が悪くなって内臓に負担がかかるし、上述したように、おなかいっぱいの状態で運動してもダイエット効果はあまりないからです。



▼注意点として、あまりにもお腹が空きすぎているときに、ハードは運動すると、低血糖症になってしまいます。

通常は、そこまでハードな運動はしないと思いますが、ダイエットしたいと思うがあまり、まともに食事もとらずに運動する人がいますが、それはちょっと危険です。


私の場合は、空腹時というのは、「食後3~4時間後」という感じでやっています。

これくらいの時に運動すれば、リスクなく、脂肪を燃焼させることができると考えます。



▼ですから私は、「運動する3~4時間前に食事を終わらせる」ようにしています。

食事をしてから、1時間くらいで運動しても、血糖値がまだ高めなので、ダイエット効果がうまく出ないように思うからです。


私は面倒くさがりなので、運動するなら、なるべくダイエット効果を高くしたいと思っています。

せっかく運動したのに、痩せなかったら、なんだかもったいないような気がしませんか?



▼それと、もう一つ注意点があります。それは

「運動は、活動代謝に過ぎない」

ということです。


要するに、活動代謝より「基礎代謝」の方が、ダイエットには重要である、ということです。



▼「ダイエットといえば運動」みたいに考えている人もいますが、実は運動というのは、ダイエット活動の一部に過ぎません。


ダイエットに最も重要なのは「基礎代謝」

運動しなくても、勝手に消費されていくカロリー量です。



▼この基礎代謝を上げるには


・睡眠時間を長くする

・体温を上げる

・筋肉量を増やす

・ダイエットサプリを使う


このような基本的な生活習慣の改善が必要です。

ダイエットがなかなかうまくいかない人というのは、「活動代謝」に気を取られすぎて、「基礎代謝」がおろそかになっているケースが非常に多いわけですね。


ですから、ダイエットの成功確率を上げるには、上述した基礎代謝について考えていくことが有効です。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ