冷え性とダイエット~体温が低いと太りやすい。低体温は太る。体温が高いと痩せる。肥満の原因

冷え性とダイエット


▼「私は冷え性なんですが、痩せにくいことと関係ありますか?」

というご質問をいただいたので、本日は、冷え性とダイエットについて書いてみたいと思います。

寒い2



▼冷え性というのは、血行が悪く、体の隅々まで血液がしっかりと循環できていない状態です。

あるいは、体温そのものが低い、「低体温」というのも、冷え性の原因です。



▼このような冷え性。

こ質問者のご指摘通り、「痩せにくい体質」と言えます。


なぜなら、冷え性や低体温は、「基礎代謝」も低いからです。



▼人間は体温が高いほど、基礎代謝も高くなります。

つまり、体温が高い人はカロリーをたくさん燃焼するので、太りにくいわけですね。

逆に、体温が低い人はカロリーの消費量が少ないため、あまり食べていないのに太ったりするわけです。



▼そういう意味で、冷え性の人や、体温が低い人は「太りやすい」わけですね。

ダイエットの成否は、ほとんどが「基礎代謝の高低」によって決まります。


という事は、冷え性や低体温によって基礎代謝が低い人は、ダイエットに失敗しやすいと言えます。



▼ですから私は、ダイエットを成功させるためのポイントの1つに

「体を温めること。体温を上げること」

を挙げているわけです。



▼体温を上げれば、それに比例して基礎代謝も上がっていく。

つまり、体温を上げれば上げるほど、「痩せやすい体質になる」ということです。


なのでダイエットは、ハードに運動するのではなく、基礎代謝を上げることを重視します。

そのための努力の1つとして、「体温を上げる」という要素があるわけですね。



▼では、どうすれば体を温めて体温を上げることができるのか?

私の経験上で書きます。


・睡眠時間をできるだけ長くする

・腹八分目にする


他にも細かい要素はいろいろありますが、大切なのはこの2つですね。



▼まず、なんとしても避けたいのは「寝不足」

寝不足になると体温が下がります。

すると基礎代謝も下がり、太りやすい体質になっていくわけです。



▼また、睡眠不足の状態は、食欲を増幅させるので、どんどん食べてしまいます。

この相乗効果により、寝不足は肥満を生んでしまうわけですね。


私も寝不足が続くと体重が増えやすくなります。

逆に、8時間以上の睡眠が続くと、体重が減りやすくなります。


ですから、日ごろから寝不足しがちで太りやすい人は、まず睡眠時間をなるべく長く確保することを意識してみてください。

それだけでかなりダイエット効果が違ってきます。



▼体を温めるためにもう一つの要素が、「腹八分目にする」ということです。

つまり「少食」


人間は少食にすると、生命力が活性化して、基礎代謝や体温が上昇します。

少食にすることによって痩せるというのもありますが、基礎代謝が上がることによって痩せるという効果もあるわけです。



▼食べ過ぎると、血液が、消化吸収に使われてしまい、体全体の体温が下がります。

だから食べ過ぎる人は太りやすい体質になる。


単純なカロリーオーバーだけが肥満の原因では無い。

相乗効果で太るわけですね。



▼ということで本日は、冷え性とダイエットについて書いてみました。

体が冷えると基礎代謝が下がって、非常に太りやすくなります。


運動を頑張るのもダイエットですが、このような基本的な生活習慣をおろそかにしては、どんなに運動しても痩せないということですね。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ