ダイエット失敗の原因はリバウンド~停滞期に食べると太る。体重が落ちない時期

ダイエット失敗の原因はリバウンド


▼「ダイエットを、やり始めの頃は体重が減るのに、いつも途中でリバウンドしてしまいます」

というお悩みをいただいたので、本日は、ダイエット失敗の原因について書いてみたいと思います。

泣く3



▼ご存知の通り、ダイエットに失敗する原因のほとんどは

「リバウンド」

です。


リバウンドというのは、ダイエットを始めた最初の頃は、スムーズに体重が落ちていくのに、「ある地点」から体重の減少が止まり、痩せなくなってしまう。


その結果、モチベーションが下がり、諦めて食べてしまう。

そして以前と同じ水準か、あるいはそれ以上に太ってしまう。


これをリバウンドといいます。



▼ほとんどの人がダイエットに失敗するのは、このリバウンドによります。

リバウンドと言うより

「停滞期」

ですね。


つまり、「途中から痩せなくなってしまう」わけです。



▼なぜ、ダイエットは途中から痩せなくなってしまうのか?

大きな原因としては「急激な体重の減少に、体が危機感を感じ、基礎代謝を急激に下げるから」


要するに、急に体重が減少するものだから、体がびっくりして

「このままではヤバイ!消費カロリー量を抑えて、省エネモードにしよう!」

となるわけです。



▼省エネモードになれば、今までよりも消費カロリー量が急激に少なくなるので、今までよりも少ない食料で、生存することが可能になります。


人間は今でこそ、食べ物には苦労しませんが、有史以来、人類はそのほとんどの時代を「飢餓」との戦いに費やしてきました。


要するに、昔の人は常にお腹が空いていたわけです。

生きるか死ぬか?ぐらい食べ物がなく、その頃の遺伝子が、このような「省エネモード」を作り出したということです。



▼生物としては素晴らしい機能。

でもダイエットするときには、逆に、この機能が邪魔になってしまうわけです。


「リミッター」と言う感じですね。

ダイエットするには、このリミッター(停滞期)を、越えていく必要があります。



▼停滞期は、ダイエットする上で絶対に避けることができません。

どんな人でも、右肩下がりに体重が落ちていくということはあり得ないわけです。


かならず誰しも、停滞期が来る。

体重が全く減らなくなる時期が、必ず来るわけです。



▼これを覚悟しておかないと、ダイエットのモチベーションが途切れて、食べてしまう。

これが1番危険です。


上述したように、ダイエット中は「飢餓モード」になっていますから、少し食べただけでも太りやすい状態です。

この状態のときに、モチベーションが途切れて、やけ食いやドカ食いをしてしまうと、ものすごく太るわけです。


これがリバウンドの怖いところですね。



▼ですから、これらのダイエットのルールを、しっかりと頭に入れておく必要があります。


「ダイエットの失敗の原因はほとんどがリバウンドである」

「停滞期は必ず誰にも訪れる」

「停滞期で諦めると以前よりも太ってしまう」


これらはダイエットの基本中の基本です。

あらかじめ分かっていれば、停滞期も我慢できます。


リバウンドだけは避けるように、賢いダイエットを心がけていきましょう。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ