炭水化物なしダイエットは痩せない?体重が減らなくなる。停滞期。リバウンドしやすい

炭水化物なしダイエットは痩せない?


▼「炭水化物抜きダイエットは痩せますか?」

というご質問をいただいたので、本日は、炭水化物抜きダイエットについて書いてみたいと思います。

白米2



▼炭水化物を抜くダイエット方法については、以前にも書いたような気がしますが、

確かに「短期的には痩せる」

といえます。



▼しかし長い目で見たときに、炭水化物なしダイエットは、私はあまりお勧めしません。

というか、やめた方が良いかと思います。


なぜなら「長い目で見るとダイエットに失敗する可能性が高くなるから」です。



▼例えば、毎日の「白いご飯」を食べるのを、やめてみるとする。

そうすると短期間で急激に体重が落ちていきます。


「おお!これはすごい!」と喜んで、白いご飯を食べず、おかずばっかり食べていると、どうなるか?



▼「基礎代謝が下がる」つまり、どんどん痩せにくい体質になっていきます。


炭水化物を抜くと、人間が活動するために必要な「糖分」が不足します。

すると人体は、「筋肉」を分解して、活動のためのエネルギーにするわけです。



▼という事は?

「炭水化物を抜くと、筋肉がどんどんなくなっていく」

わけです。


これはかなり怖いことです。

なぜなら、ダイエットで最も重要なポイントは「基礎代謝」であり、
この基礎代謝は、筋肉が減っていくと、下がってしまうからです。



▼なので、炭水化物抜きダイエットを始めると、最初は体重がどんどん落ちる。

そのうち体重の減少はストップする。

あまり食べてないのに太りやすい体質になる(筋肉量が減ったため)


という感じの流れになる可能性が高いわけです。

私自身も、以前に、炭水化物抜きダイエットを試してみたことがあるんですが、このような流れになりました。



▼筋肉は、一度落ちてしまうと、また復活させるのに時間がかかります。

その間に、以前と同じように食べてしまうと、以前よりも筋肉量が少なく基礎代謝も低いため、太りやすくなるわけです。


これはいわゆる「リバウンド」の一種ですね。



▼例えば、スポーツ選手が現役を引退すると、太りやすくなります。

これは、現役を引退し、トレーニングを止めることで筋肉が減少する。基礎代謝も下がる。

でも食べる量は同じなので、太る。


という理由です。



▼ということで本日は、炭水化物抜きダイエットについて書いてみました。

まとめると、「炭水化物抜きダイエットは短期的には痩せるが、長期的には太りやすくなる」


という感じで私は捉えています。

ただし、炭水化物は確かに、肥満に直結しますので、食べ過ぎには要注意です。


「炭水化物を抜くのではなく、炭水化物の量を減らす」

というのが、ダイエットの1つのポイントになります。


筋肉量を減らしてしまわないように、必要最小限の、炭水化物を摂取していくことが重要ですね。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ