平熱と消費カロリーの関係~平熱が低い人は太る。平熱が高い人は痩せる。体温の上げ方

平熱と消費カロリーの関係


▼「私は体温が35度台なのですが、太りやすいのと関係ありますか?」

というご質問をいただいたので、本日は、平熱とダイエットについて書いてみたいと思います。

体温計



▼ご質問の通り、「平熱が低いと太りやすい」です。

体温が1度下がるだけで、基礎代謝が10%以上、下がってしまうというデータもあります。


エネルギーというのは熱量なので、「体を温めようとする作業」は、多くのカロリーを消費するわけです。

つまり身体を温めようとすれば、カロリーが消費されて、痩せやすくなるというわけです。



▼ダイエットというと、ウォーキングしたり、走ったり、食べるのを我慢したりというイメージですが、実はこれらはダイエットにそれほど効果がありません。


効果が無いと言うとちょっと語弊がありますが、「効果は薄い」ですね。



▼ではダイエット効果が高いのは何?

それは「基礎代謝を上げること」です。


いつも書いている通りですが、ダイエットは基礎代謝を上げなければ、成功確率が大幅に下がってしまいます。



▼基礎代謝とは、身体を維持するために使われるカロリー量。

筋肉を維持したり、内臓を働かせるための熱量ですね。


この基礎代謝が高い人は、運動しなくても普通に生きているだけで、多くのカロリーを消費するわけです。



▼「痩せやすい人」「太りやすい人」の、差というのは、つまりは「基礎代謝の高低」というわけですね。

例えば、「少食の人」が太りにくいのは、単純に摂取カロリー量が少ないという理由もありますが、それと同時に

「少食にすると、体温が上がって基礎代謝も上がるから痩せる」

という理由もあるわけです。



▼食べ過ぎると、血液は胃腸に集中してしまうため、体温が下がりやすくなります。

昔から、「腹八分目に医者いらず」と言われますが、腹8分には摂取カロリー減少効果以上に、体温上昇や、基礎代謝の上昇といった効果があるわけです。



▼また、「睡眠時間」も、体温と大きな関わりがあります。

つまりは、「寝不足の人は体温が下がりやすい」=「太りやすい」

ということです。



▼それに加えて、寝不足状態になると、食欲が暴走します。

「たっぷり眠った人」

「寝不足の人」

食欲が旺盛なのは、寝不足の人です。


睡眠時間が短くなると、交感神経が刺激されて食欲が暴走します。

また、交感神経優位な状態だと、満腹中枢に正しく信号が届かないため、必要以上に食べ過ぎてしまうということが起こります。



▼まとめると、ダイエット成功の鍵は

「体温を上げること」であり、「基礎代謝を上げること」であるわけですね。



▼ということで本日は、平熱とダイエットの関係について書いてみました。

体温は高ければ高いほど、ダイエットしやすくなります。


私自身も、体温を上げるように意識するようにしてから、スムーズにダイエットが進むようになりました。



▼平熱を上げて、ダイエットを成功させるために、筋肉をつけたり、睡眠時間を長くしたり、少食にするわけですね。

その上で、効果的なダイエットサプリを併用すれば、

「いつの間にかダイエットに成功している」ということになります。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ