お茶の飲み過ぎは太る?水も太る?食事中や食後。ペットボトルで夜中に飲む水分摂取

お茶・水の飲み過ぎは太る?


▼「ダイエット中です。お茶や水でも太りますか?」

というご質問をいただいたので、本日は、水分とダイエットについて書いてみたいと思います。

水



▼まず、「水を飲む場合」と「水を我慢する場合」

体重だけ見れば、水を我慢する方が、体重は減少します。


ボクサーなどは、減量中に水を飲みませんが、それと同じですね。



▼ただ、このように水を我慢する方法は、本質的なダイエットとは言えません。

前回も書いたとおり、ダイエットというのは「脂肪を燃焼させること」であり、「体重を減らすことでは無い」からです。



▼水分は人間にとって必要不可欠であり、こまめに水分補給することは、健康の為にも絶対に必要です。

水分を我慢して、目に見える体重だけを少しばかり減らしたところで、長い目で見ると、必ずダイエットに失敗することになります。



▼なので、基本的には起きている時間は、「常温の水をこまめに、ちびちびと飲む」

ということが基本になります。


これはダイエットをしていようが、していまいが、基本中の基本です。

水は必ず、こまめに摂取してください。

それによってダイエットに失敗するということはありません。



▼次に、「お茶」

ジュースは別として、お茶はカロリーがほぼないので、飲みすぎてもカロリーオーバーによる肥満にはなりません。


ただ、注意すべき部分は、「カフェイン」です。



▼お茶の種類によっては、カフェインが結構含まれているものもあり、そのようなお茶は、飲みすぎると間接的に肥満につながる場合があります。


というのは、カフェインは自律神経を交感神経優位の方向にもっていく作用があり、交感神経優位の状態は食欲が暴走しやすいので、カフェインを取りすぎると、無意識に食べ過ぎてしまって太ることがあるわけです。



▼私も昔、コーヒーやお茶をガブガブ飲んでいた事がありますが、イライラしやすくなるし、どうしても食欲が暴走しやすくなりました。


なので、コーヒーやお茶はやめて、自分の家で水道水を浄水し、それを持ち歩いて、ちびちびと飲むようにしました。

カフェインを減らすことによって精神的に安定するので、食欲も以前よりも大きく減少しました。



▼それから、「食事中に飲む水やお茶」ですが、これはあまりガブガブ飲まないほうがいいです。

太ると言うより、食事中に水分をガブガブと飲んでしまうと、胃液が薄まって消化不良になります。


そうすると内臓にどうしても負担がかかるため、健康的なダイエットの弊害になると考えます。



▼「夜中に水やお茶を飲む」ことについては、問題ないと思います。

むしろ、目が覚めて喉が渇いている状態なら、枕元に水を置いておくことが大切です。


ただこれも、「カフェイン入りのお茶」だと、トイレが近くなって睡眠不足になったり、カフェインの作用によって、不眠症になったりするので、「浄水」がオススメですね。



▼ということで、ダイエットと水分補給について書いてみました。

水分を我慢することによってダイエットしようと考えるのは、やめた方がいいでしょう。


水分摂取は生物として絶対に必要。

水を飲みすぎても太ることはありません。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ