市販の体重計の体脂肪率の誤差。ダイエット中の体重の量り方。同じ時間・同じ条件で量る

市販の体重計の体脂肪率の誤差について


▼「市販の体重計で体重を量ると、いつも数値がバラバラです。なぜですか?」

というご質問をいただいたので、本日は、ダイエット中の体重の量り方について書いてみたいと思います。

体重計2



▼まず、体重を毎日量るのは、ダイエットに非常に効果的です。

毎日、自分の体重をチェックすることによって、潜在意識にダイエットが刻まれるからですね。


人間は、自分の意思よりも、「習慣や無意識」によって行動が決まります。

ダイエットに成功する人は、気合や根性ではなく、無意識レベルにダイエットの意思が刻まれているわけです。



▼ちょっと脱線しましたが、とにかくダイエットを成功させたければ、毎日体重を量って、それを必ず紙に書きます。

絶対に書いた方がダイエットしやすいです。

つまり、「レコーディングダイエット」ですね。

これについては、当ブログの他の記事でも紹介していますので、参考にしてみてください。



▼さて、ダイエットを成功させる上で、

「毎日体重を量る」

「毎日の体重を紙にメモする」

この2つは絶対に重要です。


まだやっていない人は、試しにやってみてください。

それだけでダイエットへの意識が高まり、無意識に不摂生をやめるので、苦しまずにナチュラルに痩せていくことができます。



▼体重を量る上でのポイントは、

「定点観測」

これが絶対条件です。


定点観測すなわち、「いつも同じ条件で体重を量る」ということです。



▼体重量るときには、

「同じ時間に量る」

「同じ体重計で量る」

「同じ服装で量る」

「食前・食後を統一する」


等々 。つまりは、「毎日同じ条件で体重を測定する」ことが絶対条件になります。



▼ダイエットを成功させる上で、現在の体重が何キロだとか、現在の体脂肪率が何パーセントだとか、そんな事はどうでもいいわけです。


ダイエットで重要な事は、「少しずつ変わっていくこと」です。

だから体重が今、何キロでもいいわけです。

これから少しずつ減っていくかどうか?それが全てです。



▼そのためには、体重と体脂肪率は、「常に同じ条件で測定する」ということが絶対に必要です。

同じ条件で「定点観測」しないと、毎日、少しずつダイエットに成功しているかどうかを判断することができないからですね。



▼体重計は、普通の市販の物でも大丈夫です。

高級な体重計を使っても、ダイエットに成功するわけではありません。


体重計によって、体重や体脂肪率は微妙に誤差があります。

ですから「常に同じ体重計を使う」という事はだけは、絶対に必要です。



▼同じ体重計で、同じ時間に、同じ条件で、毎日、体重を量ってメモする。

ダイエットは短期間でやろうとすると、高確率で挫折し、リバウンドしてしまいます。


だから、「1ヶ月で5キロ!」とか、無理な目標を立てず、少しずつでいいので、コツコツと「続ける」ことが最も大切ですね。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ