炭水化物はなぜ太る?原因と理由~血糖値が上がる。下がる。空腹感を感じる。太りやすくなる

炭水化物はなぜ太る?


▼「太りやすい食べ物はなんですか?」

というシンプルなご質問をいただいたので、本日は、太りやすい食べ物について書いてみたいと思います。

白米2



▼太りやすい食べ物。それは何と言っても

「炭水化物」

でしょう。


私が今までで1番太っていた時期は、炭水化物を食べまくっていた時期でした。

主に、「白いご飯」と「パスタ」をたくさん食べていた頃、もっとも体重は増加しました。



▼ダイエットを進めるにあたって、ためしに「あえて偏った食事」をしてみました。

自分にとって、何を食べれば太るのか?何を食べれば痩せるのか?

これらのデータを取りたかったからです。



▼データ集めの一環として、甘いものを中心にしてみたり、お肉を中心にしてみたり、野菜を中心にしてみたり。

色々な食事を試してみました。


その中で、やっぱりいちばん太ったのは、「炭水化物中心の食事」でした。



▼一般的には、「甘いものが太る」とか、「お肉が太る」と言うイメージがありますが、私が自分自身で色々試行錯誤した結果は、

「何といっても炭水化物が太る」

ということでした。



▼お肉を中心の食事にしても、それほど太る事は無い。

甘いものを多めに食べても、そんなには太らない。


でも、炭水化物を多めにとると、確実に太りました。



▼なので、ダイエットの第一歩目は、「炭水化物を少し減らす」というところから始まります。

とは言え、いつも当ブログで書いているように、ダイエットは近視眼的になったら失敗します。


あくまでも、「ダイエットの食事の側面」の話として聞いてください。



▼ちなみに、最近はこのような炭水化物の肥満原因を取り除くために、「炭水化物抜きダイエット」というのが流行っていますが、これはオススメしません。


あくまでもダイエットの為には、「炭水化物を抜くのではなく、減らす」ことが重要と考えます。



▼なぜなら、炭水化物を完全に抜いてしまうと、頭痛がしたり、体に力が入らなかったり、健康に害が出るからです。

それと、炭水化物を抜いてしまうと、「便秘」になります。

私もいろいろ試してみたのですが、「野菜ばっかりの食事」とか「お肉ばっかりの食事」だと、高い確率で便秘になります。


野菜はお通じに良い、というイメージがありますが、野菜ばっかり食べていると、逆に便秘になりますのでご注意ください。



▼炭水化物はなぜ太るのか?

それはやはり、「血糖値が急上昇するから」です。


血糖値が急上昇すると、脂肪が蓄積されやすくなる。つまり太りやすくなるわけです。



▼また、血糖値は急上昇した後、急降下します。

血糖値が急降下すると、「ものすごく空腹感を感じる」わけです。


お昼にガッツリとお米を食べると、それが消化される4時間後くらいから、急激に血糖値が下がります。

ものすごくお腹が空いてしまうわけですね。


私の場合は、お昼にお米を食べ過ぎてしまうと、夕方過ぎから、血糖値が急降下して、手が震えてしまいます。



▼このような理由から、炭水化物の摂りすぎは、とにかく肥満に直結してしまいます。

かといって、完全に炭水化物を抜いてしまうのも駄目です。


この辺のバランスは、人によっても違ってくるので難しいのですが、ダイエットがなかなかできずに困っている人は、

「今までよりも白米を減らして、おかずを増やす」

ということによって、スムーズにダイエットが進む場合が多いです。


ただし、くれぐれも「極端にやらない」

これは忘れないでくださいね。

極端にやると、リバウンドしますから。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ