おつまみなしビールは太る?お酒・アルコールとダイエットの関係。ビールのダイエット効果は?ワイン

つまみなしビールは太る?


▼「おつまみを食べなければ、ビールを飲んでも太りませんか?」

というご質問をいただいたので、本日は、つまみなしビールは太るか?について書いてみたいと思います。

ビール2



▼当ブログでも何度か書いていますが、私が昔、太っていた頃は、ビール大好き星人でした。

といっても、1日3本くらいです。


太っていた頃の食事は、

「帰ってきたらまずビール3本」

「飲み終わったら、白米お茶碗に2杯」

こんな感じ。


これで相当に太ってしまいました。



▼ビールを飲んでいた頃は、「おつまみはほとんどなし」

キムチを少々、というくらいでした。

それでも太ってしまう。

体質もあるのかもしれませんが、ビールは本当に太りやすかったです。


ちなみに、現在は「ワイン」に切り替えました。

ビールからワインに変えただけで、私の場合はものすごく体重が減少しました。
(ダイエットサプリも使っていましたが)



▼確かに、お酒を飲むと太るというのは、「おつまみが脂っこいから」と言う面もあるわけですが、おつまみというのは、脂っこかったとしても、「所詮、タンパク質と脂肪」なわけです。


タンパク質と脂肪なら、実は、多少食べ過ぎても太らない。

太るのはやはり、いつも書いている通り、「炭水化物」なのです。



▼ビールと白米をたくさん食べるということは、「炭水化物の過剰摂取になる」

これは太って当たり前なんですね。

昔の私は、それを知らずに、太るものばかり身体に取り入れていたわけです。

運動しても痩せなかったわけだ。



▼ですので、「つまみなしビールでも当然太る」ということになります。

体重を、毎日紙に書いている人はわかると思いますが、毎日ワインを飲んでいた人が、たまにビールを多めに飲むと、翌日体重が、0.5~1キロくらいは普通に増えます。

驚くほど増えます。



▼逆に、いつもビールを3本くらい飲んでた人が、ワインに切り替えてみると、驚くほど体重が減っていきます。

これは、アルコール濃度の問題で、ビールはアルコールが薄いので、量をたくさん飲んでしまう。

そうすると、摂取する炭水化物の量も比例して増えてしまうわけです。

だから太る。



▼なので、つまみがあるかないかは、あまり関係ないということになります。

私の感覚で言えば

「おつまみを食べまくる&ワイン」

「おつまみなし&ビール」


この2つで言えば、前者の方がはるかに痩せると思います。

もちろん、おつまみを食べると言っても、「炭水化物以外」です。



▼ということで本日は、「おつまみなしビールは太るか?」について書いてみました。

太ります、ということですね。


ダイエットしたい人で、ワインが飲める人は、ビールよりも絶対にワインのほうが痩せます。

絶対と言うと、また語弊があるのですが、高確率で痩せると思います。

私の場合は、ビールを飲むと、確実に体重が増えますね。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ