少ししか食べてないのに太る・お腹が出る理由原因。なぜ太りやすいのか?カロリー制限で痩せない理由

少ししか食べてないのに太る


▼「少ししか食べてないのに太ります。なぜですか?」

というご質問をいただいたので、本日は、少ししか食べてないのにお腹が出る理由について書いてみたいと思います。

ダイエット



▼基本的に人間は、「入れたカロリー」と、「消費したカロリー」のバランスによって、太るか痩せるかが決まります。

カロリーが不足していれば痩せるし、カロリーが余ってくれば、脂肪として蓄積されて太ります。



▼ただ、「同じくらいの量を食べても、太りやすさは人それぞれ違う」

これは何故か?



▼まず「基礎代謝が違う」それから、「炭水化物の摂取量が違う」

私の経験上では、太りやすさの原因は、この2つが大きなポイントになります。


ウオーキングしたり、ランニングしたり、といったカロリーの消費については、それほど重要ではないと考えます。



▼少ししか食べていないのに太るのは、

「炭水化物の比率が高すぎる」場合があります。


つまり、同じように食事しても、「白米がメインの人」と、「おかずがメインの人」では、太りやすさが違います。

「白米がメインの人」の方が、太りやすいわけです。

これは炭水化物の摂りすぎ。

血糖値が乱高下するからです。



▼ですから、同じように食事しても、肉や魚や野菜など、おかずを食べても太りませんが、
おかずを少なくして、白いご飯をたくさん食べると、すぐに太るわけです。


ダイエットがなかなかうまくいかない人は、「おかずを減らしてしまっている」ことがあります。

確かに、脂の乗ったお肉などは、見た感じのイメージが太りそうなので、お肉を避けて、白米を食べてしまいがちなのですが、これは太るパターンになります。



▼一見、結構たくさん食べているように見えるのに、あまり太らない人というのは、白米を始めとした炭水化物の摂取量が少なかったりするわけです。


私自身も、炭水化物が明らかに太ると気づいてから、白米の量を減らした訳ですが、それからは、スムーズにダイエットが進むようになりました。



▼それから重要なのが、「基礎代謝」

やはりダイエットは、この基礎代謝が最大のポイントになります。


基礎代謝すなわち、「何もしなくても消費されるカロリー量」

基礎代謝が高ければ、極端な話、ごろごろテレビを見ているだけでも痩せるわけです。



▼この基礎代謝の高い低いを決めているのは、いくつかの要素がありますが、

・平熱の高さ

・筋肉の量

・睡眠時間の長さ

・食事の量


やはりこのあたりが、基礎代謝を上下させるポイントになります。
(経験談)



▼体温が高ければ高いほど、当然、基礎代謝は高くなり、太りにくくなります。

また、筋肉の量が多ければ多いほど、基礎代謝は高くなります。


寝不足の人より、睡眠時間が長い人の方が、痩せやすくなります。

そして、「少食」の人は、基礎代謝が高くなる傾向にあります。



▼ということで本日は、「そんなに食べてないのに太る」原因について書いてみました。

「基礎代謝と炭水化物」は、ダイエットを成功させるために、必要不可欠なポイントです。


ダイエットは気合や根性では成功しません。

まずは基礎固め。


ポイントさえ掴んでしまえば、ダイエットは難しくありません。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ