体温の高い低いとダイエットの関係~冷え性が太る理由。体を温めると痩せる。平熱とダイエット

体温の高低とダイエットの関係


▼「体温とダイエットは関係がありますか?」

というご質問をいただいたので、本日は、体温とダイエットの関係について書いてみたいと思います。

体温計



▼結論から言えば、

「体温が高い方が、ダイエットしやすい」

ということになります。


何故か?

「体温が上がると、基礎代謝も上がるから」です。



▼つまり、平熱が高い人の方が、平熱が低い人よりも、消費するカロリー量が多いわけです。

ストーブで部屋を暖めようとすれば、その分、ガスや電気や灯油などのエネルギーを消費するのに似ていますね。



▼ちなみに、体温が上がると、免疫力も上がります。

体温は高い方が病気になりにくいし、太りにくい。

逆に、冷え性の人は、免疫力が低下しやすく、むくみやすく、太りやすいわけです。



▼私も、昔は体温が低めで、どうしても太りやすかったです。

でも、ダイエットを目指す過程で、「体を温める」ということの重要性に気づき、平熱を上げるように努力してきました。


私の体温は、昔は 36度前半でしたが、現在は37度近くまで、平熱が上がりました。

それに比例して、風邪を引きにくくなったし、太りにくくなりました。



▼とは言え、平熱なんて、そう簡単に上がるものではありません。

でも、毎日の習慣の積み重ねによって、少しずつ平熱は上がっていきます。


体を冷やさないようにする。体を温めるようにする方法はあります。



▼私の経験上ですが、体温を上げるために、特に効果があったものは

「睡眠時間を長くすることと、少食にすること」

です。



▼まず寝不足すると、私の場合はすごく体が冷えます。

冬などは、睡眠時間が短いと、朝起きた時にすごく寒くて、震えてしまいます。


これが、同じ室温だったとしても、しっかりと眠った朝は、それほど震えません。

なので、やはり寝不足だと体が冷え、しっかり眠ると体が温まると考えられます。
(経験談)



▼それから体温を上げるために重要なポイントが、

「少食にすること」

です。



▼食べ過ぎると、その食べ物を消化するために、血液が内蔵に集中するため、どうしても体温が下がりがちになります。

逆に、食事の量を少なめにすればするほど、内臓に血液が集中しなくなるため、体が温まります。


太っている時というのは、どうしても食べ過ぎる習慣があります。

しかし、食べ過ぎると、上述したように血液が内蔵に集まって、体が冷えてしまう。

食べ過ぎは、単純にカロリーオーバーだけでなく、体が冷えることによって肥満につながるという、悪循環でもあるわけです。



▼ということで本日は、体温とダイエットの関係について書いてみました。

平熱は高ければ高いほど、ダイエットの成功率が上がると考えます。


特に、睡眠時間がいつも短い人は、要注意です。

睡眠時間が短いと、体温が下がって、基礎代謝も下がり、太りやすくなってしまいます。


また、寝不足の状態だと、食欲も暴走しやすいので、やはりダイエットを成功させたいなら、

「睡眠時間を長めにする」

という事は、非常に重要だと私は思っています。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ