パスタは太る?太らない?太りにくいメニューでダイエット。痩せるスパゲッティ?ミートソース

パスタは太る?太らない?


▼「パスタ中心の食事にすれば、ダイエットできますか?」

というご質問をいただいたので、本日は、パスタは太らないか?について書いてみたいと思います。

パスタ



▼例えば、ミートソース。カルボナーラ。ナポリタン。

パスタというのは、こじゃれた感じがして、なんとなく太りにくいイメージがあるのではないでしょうか?

逆に、焼き肉や、脂っこいおかずなどは、なんとなく太りやすいイメージがありますよね。



▼そのようなイメージから、「パスタ中心の食事でダイエット」をしようとする人は多いです。

では、パスタは太らないのか?


私の経験をまず書くと、

「パスタは太る」

実際、太りました。


ダイエットの知識があまりなかったあの頃は、なぜパスタで太るのか、わかりませんでした。



▼今ならよくわかります。ダイエットの基本中の基本

「炭水化物の摂りすぎ」だったんですね。


パスタというのはご存知の通り、炭水化物。

ダイエットを成功させるポイントの1つに「炭水化物を減らす」というものがあります。


炭水化物を欲望のままに食べていては、いつまでたってもダイエットを成功させることはできません。



▼そういう意味では、冒頭で書いた逆のパターン、つまり

「焼き肉や、油っこいおかず」

こっちの方がむしろダイエットには効果があるわけです。

脂肪分は多いのですが、「糖質」が少ないので、太りにくいわけですね。



▼一方で、痩せやすいイメージがあるパスタは、「糖質」「炭水化物」が満載なので、太りやすいわけです。

ですので、「パスタ中心にすればダイエットできますか?」と言うご質問に対しては

「パスタ中心のダイエットは、やめた方がいいでしょう」

と私ならアドバイスします。



▼ちなみに、パスタにもいろいろありますね。

上述したように、ミートソースや、カルボナーラや、ペペロンチーノ、ナポリタン、などなど。


これらの具材を工夫すれば、パスタは痩せやすい食品になるのか?

⇒なりません


なぜならベースが炭水化物だから。

炭水化物をがっちりと摂取している以上、その味付けを変えてみても、やっぱり太るわけですね。



▼ダイエットを成功させるには、食事面で言えば、やはり

「炭水化物の摂取量を減らす」

ということが非常に重要になります。


「おかずの比率を増やして、主食の比率を減らす」

ということです。



▼白米やパスタやパンなどの炭水化物は、GI値が高く、血糖値が上がりやすいわけです。

血糖値が上がれば、体脂肪が増えやすくなる。

必然的に太ってしまうわけです。


ですからダイエットを成功させるためには、白米やパスタなどの炭水化物は、なるべく食べる量を減らしていくのが好ましいわけですね。

そのかわり、おかずは食べても大丈夫です。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ