ダイエットで1日の摂取カロリーはどれくらいまで?目安・制限。太らない・食べても大丈夫なカロリー量

ダイエットで、1日の摂取カロリーはどれくらいまで?


▼「ダイエットするなら、1日の摂取カロリーは、どれくらいに抑えればいいですか?」

というご質問をいただいたので、本日は、摂取カロリーの目安について書いてみたいと思います。

カロリー



▼まず、1日の摂取カロリーといっても、人によって違います。

「ダイエットを成功させるためのカロリー量」というのは、それぞれの人の「基礎代謝」と「体格」によって違ってくるからですね。



▼体が小さな人なら、大体「1500キロカロリー」

体が大きめの人なら、「2000キロカロリー」

これくらいが目安と言われています。


ただ、上述したように、体格だけでなくここに「基礎代謝」も絡んでくるわけです。



▼基本的には、体重というのは、

「体重= 摂取カロリー(マイナス)消費カロリー」

このバランスによって決まるわけです。


この均衡点が、何キロカロリーなのかは、それぞれの人の体質によって違います。

体質というのは上述した通り、「体格」と「基礎代謝」ですね。



▼同じような体格の人でも、1600キロカロリーで太る人もいれば、2000キロカロリーで痩せる人もいます。

これは、「基礎代謝の差」です。


もちろん単純な「運動量の差」というのもありますが、運動で消費されるカロリーというのは微々たるもので、基礎代謝の方がはるかに影響が大きいです。



▼ちなみに私の例で言えば、太っていた頃の私は、カロリーを制限してもなかなか痩せませんでした。

ですが今は、特にカロリーを制限しなくても、目標体重を維持できています。


なぜかというと、「基礎代謝が上がったから」

ダイエットサプリや、ダイエット茶の効果もありますが、基礎代謝を上げるように努力してきたことが、1番大きいと考えられます。



▼ですので、「痩せるために、1日のカロリー量を●●キロカロリーに制限する!!」

と張り切ってやるのはいいんですが、ダイエットは「基礎代謝」に目を向けないと、食べるのを我慢するだけの苦行になってしまいます。


苦しいダイエットは続かない。

続かなかったらダイエットは失敗します。

リバウンドしたら、以前よりも逆に太ってしまうということもよくあります。
(昔の私のように)



▼ですから、カロリー制限はもちろん大切なんですが、それと同じくらい、


・睡眠時間を増やす

・筋肉を増やす(無酸素運動)

・体を冷やさない


このような基本的な、基礎代謝を上げるための生活習慣を身につけることも非常に大切だと、私の経験上では思います。



▼あるいは、便秘がちな人はそれだけで基礎代謝が下がってしまうので、カロリー制限と同時に便秘解消のお茶を飲んだり、食事にオクラなどの、水溶性食物繊維を入れたりすることも重要です。



▼ということで本日は、1日の摂取カロリーの目安について書いてみました。

だいたいどんな体型の人でも、「1日1500キロカロリー」までなら、まず太らないと思いますが、カロリーを抑えても痩せないという人は、食事面だけでなく「基礎代謝を上げる」ということを考えてみてください。


食事を我慢するだけでは、なかなか痩せません。

でもダイエットはコツを掴んでしまえば、苦しまずに、食べても太りにくい体を作ることが可能です。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ