白いご飯とおかずどっちが太る?太らないおかず。炭水化物は血糖値上昇で肥満。糖質制限

ご飯とおかずどっちが太る?


▼「ご飯とおかずは、どっちが太りますか?」

というご質問をいただいたので、本日は、ご飯とおかずの太りやすさ、について書いてみたいと思います。

ごはんとおかず



▼まず「ご飯とおかずは、どっちが太るか?」と聞かれれば、私の経験上では、

「ごはん(白米)の方が圧倒的に太る」

と言えます。


白米というのは炭水化物の塊であり、糖質を大量に摂取することになり、血糖値が上がるからです。



▼血糖値が上がれば、人間は脂肪を蓄積しやすくなり、太りやすくなります。

なので、「痩せる」という事だけを考えるのであれば、炭水化物の量を減らしていくのは、かなり有効です。



▼以前にも書いたような気がしますが、私自身の経験上でも、1番太っていた頃は、とにかく白米をたくさん食べていました。

白米を多めに食べると、おかずを質素にしても、全然痩せることができません。

これは私だけでは無いはずです。



▼逆に言えば、白米の量を減らしていけば、おかずを贅沢にしても太りにくくなります。

白米の量を減らすことによって、血糖値の急激な上昇を抑えることができるので、太りにくくなるわけですね。



▼とは言え、理想をいえば、

「食事の量を全体的に減らす」

これが理想的なダイエット食であるのは間違いないです。


しかしながら、私たちの自制心はそれほど神ではないので、食事の量を全体的に減らしてしまうと、めちゃめちゃストレスになります。

ストレスが溜まれば、必ずいつか爆発してしまう。


ストレス爆発⇒やけ食い⇒リバウンド

このベタなパターンに、はまってしまうわけですね。



▼なので、私の場合は、このようなストレスからのリバウンドを避けるために、

「おかずは減らさない。むしろ増やしてもOK」

というやり方で、ダイエットを進めました。


これなら白米を減らしても、おかずを食べることでイライラしなくなるので、ストレスによるリバウンドリスクを避けることができました。



▼おかずについては、特に制限はしませんでした。

白米を今までよりも減らす。そして、おかずは今まで通り。お肉も食べます。


これで私の場合は、非常にスムーズに体重と、体脂肪率が減少していきました。



▼一度、これの逆バージョン、つまり

「おかずを減らして、白米を多めに食べてみる」

というテストをやったことがあります。


結果は・・・

「太りました」


この時、やっぱり白米やパンなどの炭水化物は、太りやすいのだなぁと実感しました。



▼ということで本日は、ご飯とおかずはどっちが太りやすいか?について書いてみました。

賛否両論あるかとは思いますが、私の経験上では、「圧倒的にご飯の方が太る」と感じました。


ただこれは、「肥満の質」によっても違ってくるかもしれません。

肥満の質とは、「ストレス太り」だったり、「単なる食べ過ぎ」だったり、「栄養の偏り」だったり。

「寝不足」というのも肥満の原因ですね。


これらの「肥満の質」によって、効果的なダイエット手法も違ってくるわけなので、いろいろなダイエット手法をテストしながら、自分にあったやり方を見つけていくというのがお勧めですね。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ