睡眠時間が長いと太る?短いと太る?たくさん寝るのと寝る時間が少ないのはどっちが太るか

睡眠時間が長いと太る?短いと太る?


▼『睡眠時間が長いと、なまけものなので太りますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、睡眠時間の長さと肥満について書いてみたいと思います。

ナマケモノ



▼「睡眠時間が長いと怠け者だから太る」

ふむ。

日本人らしい、勤勉な価値観です。


しかし、私の考えとしては、正反対ですね。



▼まず、睡眠時間が長いことが怠け者だとは思いません。

健康を維持し、常に最高のパフォーマンスを発揮するために、しっかりと長い睡眠をとることが必要です。


なので、睡眠時間が長いことは怠け者どころか、「寝る事も仕事のうち」だと思っています。



▼ちょっと脱線しました。

さて、睡眠時間が長いと布団の中でゴロゴロしている時間が長いから、太る?

いやいや。

太りません。

むしろ痩せます。



▼当ブログでは、いつも書いていますが、

「睡眠時間が短い人ほど太りやすい」

と考えます。


睡眠時間が短くなればなるほど、交感神経が優位になり、男性ホルモンが増加し、食欲が爆発すると考えられるからです。



▼仕事をバリバリとやっている人が、時に異常な肥満になるのは、交感神経が刺激されすぎているから。

常に戦闘態勢であり、食欲もマックスなのです。


この状態の食欲を我慢することはほぼ不可能。

ですから、寝不足で仕事をし続けるというのは、肥満に向かって一直線といえます。



▼またちょっと脱線しますが、睡眠不足の状態で仕事を続けると、食欲だけでなく性欲も暴走するケースが多いです。

ハードな選挙活動をする政治家も、疲れて帰ってきて夜は、興奮して寝ることができないといいます。


寝不足の状態は不健康であり、また、食欲や性欲などの欲望を制御できなくなる状態でもあるわけです。



▼ですから、たくさん寝るのと、寝不足なのと、どっちが太るか?と言われれば、寝不足の方が太るといえます。

しかも、寝ている間は食べることができないので、カロリーオーバーになりません。


寝不足という事は、相対的に起きている時間が長い。

起きている時間が長いということは、食べ物を口に入れてしまう機会も多いということになります。

そういう意味でも、睡眠時間が短いと太りやすいのではないかと考えます。



▼私自身も、ダイエットに成功した時は、


「無理矢理でも8時間以上眠る」

という事を意識していました。


もちろんダイエットサプリの効果もありましたが、睡眠も同じくらい重要でした。



▼ということで本日は、睡眠時間と肥満について書いてみました。

長く眠る事は怠け者ではないです。

しっかり眠って、しっかり働く。

メリハリをつける人こそが、本当の働き者だと思いますね。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ