炭水化物抜きダイエットは痩せる?体に悪い。白いご飯が太る。卵かけごはん。パン・パスタ

炭水化物抜きダイエットは痩せる?


▼もっとも即効性があるダイエット方法の1つに「炭水化物抜きダイエット」があります。

これはつまり、文字通り「炭水化物を抜く」というだけのダイエット手法です。

そして、この炭水化物抜きダイエットは、短期間で高いダイエット効果を誇ります。

栄養



▼炭水化物抜きダイエットは、確かに痩せますが、おすすめできるかと言われると微妙です。

そもそも、太りやすい人というのは、白米を始めとした炭水化物を食べ過ぎていることが多いです。

私も白いご飯をしばらくの間、たくさん食べるとすぐに太ります。



▼焼き肉などのお肉だけをたくさん食べてもそんなに太りませんが、白いご飯は食べ過ぎるとすぐに太ります。

体質にもよりますが、ほとんどの人は白いご飯をたくさん食べると簡単に太ってしまうわけです。



▼マツコデラックスは炭水化物を中心の食生活をしていると、テレビでコメントしていました。

彼女(彼?)は、お肉が大嫌いだそうです。お魚も嫌い。いくらなどのお魚の卵も嫌いだそうです。


つまりマツコデラックスは、お肉もお魚も食べずにあれだけ太ったというわけです。

それは「炭水化物をひたすら食べるから」なのです。


マツコデラックスの大好物は、たまごかけごはんやカレーライス等の炭水化物です。

そういえば、私自身も1番太っていた頃は、毎晩たまごかけご飯を食べていました。

たまごかけごはんは、本気で太りますので要注意です。



▼ですから白いご飯、つまり炭水化物を抜けば、すぐに痩せるというわけです。

しかしデメリットもあります。

それは「体に悪い」と言うことです。



▼炭水化物を完全に抜いてしまうと、体に悪いです。

炭水化物というのは、人間の身体を動かすためのエネルギー源なので、エネルギーなしで体を動かそうとすると体に負担がかかるわけです。


私自身の体験からも炭水化物を完全に抜いてしまうと頭痛がします。

明らかに、体に負担がかかっているなぁという感じがします。



▼ですから完全に炭水化物を止めてしまうというのはお勧めしません。

ただ「炭水化物をギリギリまで減らす」

というやり方はダイエットには非常に効果があります。



▼つまり、自分の活動量の限界ギリギリまで炭水化物(白いご飯)の摂取量を減らすということです。

どこがギリギリなのかは、自分自身の体と相談しながら見極めることになります。


私の場合は、

朝 ⇒なし
昼 ⇒0.5杯
夜 ⇒1杯


と言うお茶碗の量で白いご飯を食べています。

今の私はかなり食事量が少ないので、いきなりここまで減らしてしまうと頭痛が出てしまう可能性もありますので、まずは少しずつ白いご飯の量を減らしてみてください。



▼炭水化物を減らしすぎると「基礎代謝」が逆に低下してしまうことがあります。

ダイエットのポイントは「基礎代謝を上げること」です。


なので、炭水化物を減らせば痩せるのは確かですが、炭水化物を減らしすぎて基礎代謝を下げてしまわないように要注意です。

何事もやり過ぎるとリバウンドします。


まずは白いご飯の量を少しずつ減らしていくという感じでやっていきましょう。

炭水化物をギリギリまで減らすことができれば、ダイエットはかなりスムーズに進んでいきます。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ