寝すぎは太る?寝過ぎとダイエットの関係。食欲ホルモン、レプチンとグレリン

寝すぎは太る?


▼『あまりたくさん寝すぎると太りますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、寝すぎは太る?について書いてみたいと思います。

寝る5


▼イメージ的に、長い時間ゴロゴロと寝ている人は、太っている様な気がしますよね。

食べてすぐ寝たら太るとか、そういった迷信も、先入観になっているように思います。


さて、本当に寝過ぎると太るのでしょうか?



▼当ブログをいつも読んでくださっている人は、すでにご存知だと思いますが、

寝すぎても太らない。むしろ寝不足が太る
(体験談)

私はこのようにいつも書いています。



▼私が昔、太っていたときも、仕事が忙しすぎたため、慢性的に寝不足状態でした。

そのときのことを思い返してみると、

「寝不足の状態だと、食欲が止まらない!たくさん食べてしまう!」

わけですね。



▼これは、寝不足によるホルモンバランスの変化によるものですね。

つまり、寝不足になると・・・


「食欲を抑制するレプチン ⇒減少」

「食欲を増進させるグレリン ⇒増加」


と言う流れになるわけです。


その結果、睡眠不足になると、食欲が暴走するわけですね。

このことは、私は体験的に感じていたんですが、日本経済新聞にも同様のコラムが載っていたので、やっぱり正しかったんだと確信しました。



▼ですから、「長く寝ていると太る」と言うのは、イメージに過ぎず、長く寝ても太らない。

というか、「長く寝た方が痩せる

といえます。



▼実際に私も、現在は睡眠時間が7~9時間です。

そして、睡眠時間が5~6時間だった頃より、かなり体重が「増えなく」なりました。


寝ている時間が長いと・・・


・食欲が抑えられる

・無駄な間食をしなくなる

・基礎代謝が上がって痩せやすくなる



こんな感じで、睡眠時間を増やすと痩せやすくなると私は感じています。



▼ちなみに、「睡眠時間が長すぎる人は平均寿命が短い」とか言うデータがありますが、これには1つ落とし穴があります。

それは、

「健康状態に問題があって寝ている人、もデータに入っている」

という部分です。


また、寝すぎると体に悪いといっても、それは10時間以上の話であって、9時間くらいまでは、健全な睡眠と私は考えます。



▼ということで本日は、寝過ぎは太るか?ついて書いてみました。

寝すぎても大丈夫です。

というか、

ダイエットを最も苦しまずに成功させるには、睡眠時間を長くすれば良い

と考えます。


それと合わせて、効果的なダイエットサプリを併用していけば、かなりスムーズにダイエットが進んでいくと思います。

私自身がそのようにして、苦しまずに、ダイエットに成功したわけですから。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ