欲求不満は太る?過食とストレスの関係。食欲の原因は何?

欲求不満は太る?


▼『欲求不満だと太りやすくなりますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、欲求不満とダイエットの関係について書いてみたいと思います。

怒る


▼前回、「ストレスとダイエットの関係」について記事を書きましたが、本日の内容も趣旨は同じになります。

一言で「欲求不満」と言っても、いろいろな種類があります。


例えば、性的欲求不満。社会的に認められていない欲求不満。経済的な欲求不満。等々 。

これらはすべて、全然違う種類の欲求不満ですが、「本質」は同じです。



▼欲求不満とは、自分の欲望が満たされていない状態であり、それはすなわち、


欲求不満= ストレス

となります。


自分はこうなりたいのに、そうなれない。

自分の願望と現実とのギャップが、そのままストレスとなるわけです。



▼ストレスは太る。

この時点で、欲求不満が極めて太りやすい心理状態であることがわかります。

私自身も、太っていた頃は、自分の欲望を自分で認識できておらず、今思えば非常に強いストレス状態だったと思います。



▼ストレスは苦しみ。

欲求不満⇒ ストレス⇒ 苦しみが生まれる⇒ その苦しみを消そうとして食べまくる


この悪循環に陥っている人が多いです。
(昔の私もこのパターン)


このパターンに陥っている人は、なぜ自分が食べているのかが認識できていない。

なぜかわからないけど、やたら食べたくなる。

そして自己嫌悪。

その自己嫌悪のストレスを消そうとして、また食べまくる。

まさに悪循環の迷宮です。
(体験談)



▼特に、「性的な欲求不満」については、自分で自覚することが困難です。

なぜ自分はこんなにイライラしているのか?

なぜ自分はこんなに、たくさん食べたくなるのか?


よくよく自分自身の心に問い掛けてみると、その原因は、潜在的な欲求不満だった、と言うことがあるわけですね。



▼性的なものでも、社会的な評価でも、欲求不満のシステムは同じです。

上述した通り、自分自身の願望と実際の現実が乖離している。

そのギャップがストレスとなり、ストレスは苦しいので、その苦しみを食べまくることで消そうとするわけですね。



▼このような状態の人の場合、

食欲だけを無理やり抑えようとしても、絶対に無理

です。


私自身が無理だったので、よくわかります。



▼欲求不満やストレスが原因の食欲暴走を抑制するには、とにかく、

「自分のストレッサーが、どこに存在しているのか?」

これを自分の心に問いかけることから始まります。


自分の心を見つめる事は、非常に勇気がいることですが、ストレッサーを取り除くだけで、ダイエット成功へのスピードは加速度的に増していきます。

食欲を、無理やり抑えるのではなく、ストレス源を見つけて排除する。

試してみてください。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ