サルコペニア肥満の原因と対策~筋肉量を減らさないダイエット。運動不足に注意

サルコペニア肥満の原因と対策


▼『サルコペニア肥満を防ぐ方法はありますか?』

というご質問をいただいたので、本日は、サルコペニア肥満について、独断と偏見で書いてみたいと思います。

筋トレ


▼まず、サルコペニア肥満とは何か?

私なりにシンプルにまとめてみると、


筋肉量の減少によって、脂肪を燃焼させるパワーがなくなり、体脂肪率が上がること

こんな感じでしょうか。



▼筋肉量が多い人は、筋肉がカロリーを消費するため、脂肪が燃焼しやすくなります。

過去の記事でも書きましたが、ダイエットに筋トレなどの「無酸素運動」が効果的なのは、

「筋肉をつけることによって脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエットがスムーズに進むから」

です。



▼逆に、間違ったダイエットをしたり、あまりにも食事の量が少なかったり、極端に運動不足だったりすると、筋肉量がどんどん減っていきます。


筋肉が減っていくと、基礎代謝が下がり、「脂肪を燃焼しにくい体」になってしまう。

こうなると体脂肪率がどんどん上がってしまうわけです。

これが「サルコペニア肥満」


要するに、「筋肉量が少ないのに、体脂肪は多い人」ですね。



▼厳密に言えば、「サルコペニア」とは、加齢に伴う筋肉量の減少のことを言いますが、ダイエットにおいては、偏食による筋肉量の減少も、サルコペニア肥満と言います。


いずれにしても、定点観測的に、体重計で筋肉量をチェックしておくことが重要です。

筋肉量が減っていて、体重は変わらない場合、体脂肪が増えていることになります。

つまりは、サルコペニア肥満ですね。



▼ちなみに、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と、混乱しやすいのですが、
メタボは、「内臓に脂肪がつきまくり、高血圧や高血糖などの症状を併発すること」です。


なので、サルコペニアとメタボはまったく別物です。

メタボについては、また別の記事で書いてみたいと思います。



▼さて、サルコペニア肥満の話に戻りましょう。

サルコペニア肥満は、基本的には、「歳をとることで、そのリスクが増す」

加齢と共に、どうしても筋肉量が減少してしまうため、サルコペニア肥満になりやすいわけです。



▼それでは、サルコペニア肥満を防ぐには、どうすればいいのか?

これは比較的シンプルです。


・極端な食事制限は絶対にしないこと

・筋トレとウォーキングを心がけること

・炭水化物を減らす時は、タンパク質と脂質を摂ること



はい。

サルコペニア肥満の対策は、シンプルです。



▼サルコペニア肥満にならないためには、要するに、

筋肉量を落とさないように、体脂肪率を下げる

というダイエット方法にすればいいわけです。


ですから、「~~だけダイエット」などは最悪。

特に、「白いご飯をまったく食べない、炭水化物抜きダイエット」は、サルコペニア肥満へまっしぐらです。

(※ただしその分を、タンパク質と脂質で補えばOK)



▼ということで本日は、サルコペニア肥満について書いてみました。

ダイエットの目的は、体重を減らすことではない。

体脂肪率を下げることです。


体重が減っても、体脂肪率が変わっていなければ、それは筋肉量が減ったということです。

そしてそれが、サルコペニア肥満となり、将来の病気につながってしまう。


ですからダイエットは、ただ痩せればいいというものではない。

正しい知識を身につけ、より安全な方法で行っていく必要があるわけですね。


ダイエットについての知識は、当ブログの他の記事も参考にしてみてください。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ