レコーディングダイエットは痩せない?痩せる?やり方と効果を検証。記録方法

レコーディングダイエットは痩せない?


▼『レコーディングダイエットで痩せる仕組みがわかりません。ダイエットできるんでしょうか?』

というご質問をいただいたので、本日は、レコーディングダイエットについて、独断と偏見で書いてみたいと思います。

データ


▼「レコーディングダイエット」とは、文字通り、

毎日の、食事や体重を記録し続けるダイエット手法

です。


一般的なダイエットが、カロリー制限や運動をメインにするのに対し、レコーディングダイエットは、

「ただ記録し続けるだけ」

です。



▼ではなぜ、食事制限も運動もせずに、痩せることができるのか?

レコーディングダイエットは、私自身、太っていた頃から、痩せた現在まで、ずっと続けています。

私個人の感想としては、レコーディングダイエットは非常にダイエット効果があると考えています。



▼レコーディングダイエットで痩せる仕組みを私なりにまとめてみると、


食事や体重を記録することで、潜在意識が書き換わり、食欲が薄まるから

こんな感じでしょうか。



▼一般的なダイエット手法が、

「根性で食べない!」

「根性で走りこむべし!」

みたいな、強引なやり方であるのに対し、レコーディングダイエットは、潜在意識や脳をコントロールしていく。


そもそも、食欲もまた脳からの命令によるものです。

だから脳からの命令そのものを変化させる。

それによって食欲が抑制され、苦しまずに自然なダイエットが可能になる。それがレコーディングダイエットの本質かなと考えます。



▼レコーディングダイエットのやり方としては、特に難しい事はなく、私の場合は、


毎日の食事と体重を、ノートにひたすら記録し続ける

ただこれだけ。

もう一つ言えば、

記録したデータを、定期的に読み返す。眺める

これがかなり重要です。



▼記録するだけでも、ダイエットの意識は大きく変わりますが、

「記録したデータをもう一度読み返すことで、潜在意識を書き換えるスピードが明らかに速くなる」と思います。


「こういう食事を続けると、こういう体重の推移になるんだなあ」

というのが、なんとなく見えてきます。

それがわかってくると、毎日の食事が無意識に変化する。

自然と、「太らない食べ方」を、無意識にするようになるわけです。



▼ちなみに、レコーディングダイエットといえば、「カロリーも記録する」ものですが、私の場合は、面倒なのでカロリーは無視しています。

結局のところ、レコーディングダイエットがダイエットに効果的だったとしても、

続けなければ何の意味もない


カロリーを計算することは非常に面倒であり、続かない可能性がある。

だからこの辺はアレンジしても良いかと思います。

自分が最も続けやすい形のレコーディングで良い。


私の場合は、カロリーの代わりに、「食事量 多」とか、「少なめ」とかメモだけしています。

それだけでも、自分自身の意識は大きく変わります。



▼ということで本日は、レコーディングダイエットについて書いてみました。

体重や食事を記録し続けることは面倒ですが、やり続けているとそれが習慣になり、何の苦もなく続けられるようになります。


そうなってくると、自分自身の食事に対する意識もどんどん変わっていき、食べる量を無意識に調整するようになります。

苦しまないダイエット手法として、レコーディングダイエットは効果があると思います。


ダイエットサプリなどを使う場合でも、食事や体重を記録していくことで、サプリの効果が見えやすくなります。

ダイエットを成功させたい人は、ぜひ体重だけでも毎日記録してみてください。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ