夜食は太る?遅い時間に食べると太る?食べる時間。何時に食べると太る?食べてすぐ寝る

夜食は太る?


▼「夜食は太る」というのはほとんどの人が聞いたことのあるフレーズですよね。

ダイエットをしている人や、体重を気にしている人は、ほとんどが「夜中に食べると太る!」という認識だと思います。


確かに夜食だったり、遅い時間に食事をとることは、あまり好ましくありません。

しかしながら、私の感覚で言えば、夜中に食べようがいつ食べようが、あまりダイエットに関係はないような気がします。

ケーキ2



▼「健康面」で言えば、やはり食べてすぐ寝るのは避けた方が良いです。

完全に眠ってしまうと、胃腸の働きが低下します。ですから食べてすぐ眠ってしまうと、胃に入った食べ物がスムーズに消化されないことになります。

消化不良になってしまうと、どうしても身体に負担がかかりますので、健康面では食べてすぐ寝ない方が良いです。



▼ただ、「ダイエット」という観点からは、夜中に食べても別に問題はないと私は考えます。

多少は影響しますけどね。それほど大きな違いはないと思います。

大切な事は、「食べた量」と「摂取したカロリー」です。



▼要するに、ダイエットというのは「1週間に摂取したカロリー量」をコントロールすることによって、痩せることができます。

ですから夜中に食べても、 1週間のカロリー量をしっかりと調整できていれば、特に太るという事は無いわけです。


全く同じ量の食べ物を、夜中に食べるのと早い時間に食べるのとでは、若干、消費カロリー量が違ってきますが、それによって体型が変わるというところまではいかないわけです。



▼例えば「夜中にケーキを食べる」

これはダイエットをしている人にとってみれば、言語道断な行為ですよね。

夜中にケーキを食べたら、次の日には体重が5キロぐらい増えるのではないか?と思ってしまうほどです。

でもそんなことはありません。



▼人間の体は、「摂取したカロリー量」「運動によって消費したカロリー量」「基礎代謝」

ほとんどこの3つによって体重が上下します。

最近はダイエットの情報が色々と出回りすぎていて、ややこしくなっていますが、上の3つだけ考えていればよいわけです。



▼だから朝にケーキを食べても、夜中にケーキを食べても、ほとんど体重は変わりません。

多くの人が夜中に食べると太ってしまうのは、

「いつも通り食べて、さらに夜中も食べるから」です。



▼「夜ご飯がずれ込んで、夜中になってしまった」これは問題ないわけです。

「夜ご飯を食べて、さらに夜食も食べる」これは太るわけです。


当たり前の話ですが、多くの人がこれをやってしまっているわけですね。



▼ダイエットというのは、難しくありません。

「自分は今日一日、どれくらい食べたか?」

これを意識するだけです。夜中に食べても朝食べても、ほとんど体重は変わりません。

シンプルイズベスト。ダイエットもシンプルが1番成功しやすいのですね。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ