朝食を抜くと太る?夜中に食べると太る。何時に食べると痩せる?1日2食か3食か。痩せやすい

朝食を抜くと太る?


▼多くのダイエット関連の書籍には、「朝食を抜くと逆に太る」などと書かれています。

これは本当でしょうか?



▼私の経験上では、朝食を食べるよりも、朝食を抜くほうが絶対に痩せます。

条件として「昼と夜の食事量が一定の場合」です。


朝ご飯を抜くと太るというのは、「朝ご飯を抜いた分、昼ご飯と夜ご飯の量が増えた」場合です。

昼と夜の食事量を固定して、朝ご飯だけを抜けば確実に今までよりも痩せます。これは私の経験上からもはっきり言えますね。



▼「食事回数を減らすと吸収率が上がって太りやすくなる」とも言われますが、これもあまり気にしなくても良いかと思います。

重要な事は「カロリーの合計」です。


ダイエットはややこしく考えると逆に失敗しやすくなります。

摂取カロリー量が減少すれば、体脂肪率も下がっていく。当然、痩せるわけです。



▼1つだけ注意点を挙げるとすれば、「基礎代謝を下げないようにする」ということです。

基礎代謝というのは、「何もしなくても生きているだけで消費されるカロリー」ですね。


ダイエットはこの基礎代謝がすべてと言っても過言ではありません。

ダイエットに失敗する人は、筋肉量の不足などから、この基礎代謝が下がってしまって、痩せなくなってしまうわけですね。



▼さて、食事とダイエットについての話に戻りましょう。

朝ごはんは抜いた方が痩せやすい。というのは上述した通りです。


なかなかダイエットがスムーズに進まない人は、昼と夜の食事量は固定して、朝ごはんを野菜ジュースなどに切り替えることによって、痩せやすくなります。


ただ体質によっては、朝ごはんを食べないと具合が悪くなる人もいるので、そのようなタイプの人の場合は、朝ごはんはしっかり食べて、その分、夜ご飯を減らす方が良いでしょう。



▼次に「夜中に食べると太るか?」という部分を考えてみます。

これもダイエット関連の書籍を読むと、「夜遅い時間に食べると太る」と書かれています。


私の経験上で言えば、夜遅く食べてもダイエットとは、ほとんど関係がないと考えます。

上述した通り、ダイエットというのは基礎代謝と摂取カロリーで決まりますので、何時に食べても特に問題は無いかと思います。



▼ですが、やはり夜中に食べてすぐ眠るのは、消化器官に負担をかけるため、健康のことを考えると

「食べてすぐ寝る」のは、やめた方が良いです。少なくとも食べてから、1時間や2時間は起きていた方が良いでしょう。


とは言え、お仕事の都合などで、食べてすぐ寝なければならない場合は、なるべく消化の良い食べ物を、「よく噛んで」食べれば大丈夫です。



▼夜中に食べても朝に食べても、摂取カロリー量が同じであれば、体重の増加にそれほどの差はありません。

ダイエットで重要なポイントは、やはり「基礎代謝」だからです。

基礎代謝が高ければ、夜眠っている間にも、どんどんカロリーは消費されますので、太らないわけです。


ですから、「何時に食べれば痩せるか?」と言う事を心配するよりも、「どうすれば基礎代謝が上がるか?」と言う事を考えた方が、絶対にダイエットは成功しやすいわけです。


基礎代謝の上げ方については、当ブログの他の記事も参考にしてみてください。

手っ取り早く基礎代謝を上げるには、ダイエットサプリがやはり効果が高いですね。

ダイエットの成功率を高めるサプリについて

楽にダイエットを成功させるには、ダイエットサプリが超効果的です。

私が使っているダイエットサプリは、有名どころですがやはり、
「ファイブデイズプレミアムダイエット」です


その他のダイエットサプリのランキングは、こちらにまとめました
オススメのダイエットサプリランキング

サブコンテンツ